『風しん抗体検査・予防接種について』

 日本国内において風しんの流行が問題となっています。風しんは高い感染力を持ち、免疫を持っていない女性が妊娠初期に罹患すると、ウイルスが胎児に感染して先天性風疹症候群(先天性心疾患、難聴、白内障など)を発症することがあります。
 特に昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は公的な風しんの予防接種を受けておらず、男性を介した家庭内での感染の危険性が危惧されています。
 そのため国は、風しんの追加対策として2019年から2022年3月31年まで抗体検査、予防接種をすすめています。
 該当される方で令和1年度に検査をされなかった方には順次クーポン券が郵送されますので、まずは風しん抗体検査を受けて頂き、抗体価の低い方は予防接種を受けることをお勧めしています。対象の方はご相談ください。

関連情報
松山市の風しん対策について
松山市の風しんの追加的対策について
厚生労働省 風しんの追加的対策について