『帯状疱疹ワクチン』

帯状疱疹は神経節に潜伏している水痘・帯状疱疹ウイルス(水ぼうそうのウイルス)が、ストレスや疲労、(加齢などによる)免疫力の低下などをきっかけに再活性化し、ピリピリとした神経痛、皮疹を起こす疾患で、神経の走行に沿って広がります。

80歳までに約3人に1人が発症するといわれており、50歳以上で発症した方の約2割は3か月以上痛みが続くといわれています。また、顔面に帯状疱疹を発症すると、視力低下、顔面神経麻痺などを起こすことがあります。

現在、50歳以上を対象に、2種類の帯状疱疹ワクチンの接種が可能です(いずれも自費診療になります)。従来、弱毒生ワクチン(小児でも使用する水ぼうそうワクチン)が使用されていましたが、2020年から新たに不活化ワクチンが使用可能となりました。
弱毒生ワクチンは予防効果が50%程度で、経年的に効果が低下するため、10年程度で再接種が推奨されています。
これに対して新しい不活化ワクチンは6か月以内に2回接種する必要がありますが、予防効果は年齢にかかわらず90%前後期待でき、10年後でもその効果が維持されるといわれています。
帯状疱疹予防のため、当院でも不活化ワクチンの接種を始めました。
ご希望される場合は電話にてお問い合わせください。